DIN912 六角穴付きネジの特長

2023-09-06

六角ボルト DIN912カップ頭六角ボルトとも呼ばれ、形状は円筒形の頭部で、溝は六角形です。対応する中国規格はGB70.1です。ねじ径は M1.4 ~ M64、メートル粗歯、製品グレードは通常クラス A です。ねじ公差は、グレード 12.9 では 5g6g、その他のグレードでは 6g です。六角円筒ボルトは締めやすく、分解しやすく、滑りにくいため、機械の取り付けに広く使用されています。六角円筒頭ボルトの取り付けと分解には、短辺と短辺に分かれた90度に曲がる工具である六角レンチを使用する必要があります。短辺を使用してネジを取り付けるときは、手の長辺を使用することができます。より少ない力でネジを締める役割を果たします。ツールの長い端は、通常、深穴位置の組み立てにおけるネジの取り付けと取り外しに使用されます。 B 表面処理: 煮沸黒、亜鉛メッキ、無電解チップコーティング、亜鉛ニッケルコーティングなど。 DIN912/ISO4762 六角ボルト検査方法について: 使用環境が異なるため、製品の品質を確保するために特定のテストを実行する必要があります。一般的な外観検査やストップゲージなどの基本的な検査に加え、機械的検査や化学的検査など、一般的な検査項目も含め、お客様のニーズと使用上の安全性にお応えします。引張試験、衝撃試験、表面硬度と芯硬度、ねじり試験、塩水噴霧試験など。